vs葦嶽山

日本ピラミッドこと葦嶽山へ。
日本ピラミッドとは何か?
要約すると、昭和9年頃に酒井勝軍という神秘学者が「これは日本ピラミッドだ!」と断定したという三角錐型かどうかもイマイチよくわからない山である。オカルティック、まさしく学研ムーなんかでたびたび取り上げられそうな内容だ。そんな摩訶不思議な山がなんとも身近な、広島県庄原市本村町に存在するってんだから行ってみないわけにはいかない。
ともあれ日本ピラミッド。神武天皇陵という説もあるらしい。神武天皇って初代天皇じゃなかったか。架空の存在だったような…

まあいっか。

クマに注意!
「念ずれば花ひらく」は坂村真民という人の詩だそうな。なぜ碑がここにあるかは不明。
では、登っていきましょう。

道中はしっかりした階段つきでたいしたこともなく。距離も1キロ未満と、まさにハイキング。往復30分くらいか?まぁハイキングコースって書いてあったしな。
もっと麓の方から登る「登山上級者コース」というのもあったが、そっちだと1時間以上かかるかもしれない。

見よあれが葦嶽山だ…ってか見えない。
もっとピラミッドっぽい全容が見えるポイントがあれば良かったのだが、見つからず。

鷹岩。今回は行かなかったけど隣の鬼叫山には巨石構造物がゴロゴロしてるらしい。

頂上イエー。頂上はさすがにピラミッドというだけあってか、そんなに広くない。すぐ斜面となっていることもあって、見晴らしはよい。最近パワースポット云々というからきっと人でごった返しているんだろうなと思ったが全然そんなことはなかった。パワースポットがどんなものかよく知らないが、ピラミッドなんだからパワーは相当なもんだろう。毎日通う人がいてもおかしくないくらいだ。
さて予想よりさっくりと登って降りてこれたので時間を持て余す。ついでなので近くの帝釈峡に足を伸ばす。帝釈峡のほうが面白かった

機会があればピラミッドパワーを感じに来てはいかがでしょう?
ぬぅん!マグネティックショックウェーブ!

カテゴリー: 日々のこと タグ: , パーマリンク

vs葦嶽山 への2件のフィードバック

  1. Amon のコメント:

    いろんなところを散策せれてるんですね。

    >ピラミッドなんだからパワーは相当なもんだろう。
    ピラミッドパワーは天辺の真下じゃなかったかな?w

  2. junt のコメント:

    そうでしたかw
    なんだか先端に集中しそうなイメージを持ってました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>