URU Live ─ KIについて

URU Liveが再開された、というので早速インストールした。とはいってもURUはAge Beyond Myst(日本語版オフラインパッケージ)でしかやったことがないので、KIの機能が多少増えているみたいだ。ざっといじってみて分かったことだけ書いておくことにする。

せっかくオンラインなのにチャットに日本語入力はできないし、日本人っぽい人にも出くわさないし、謎解き中は相変わらず一人で黙々と、という感じなのであまりオンラインっぽくない。

ただ接続書のシェア機能とか"neighbor"とか"buddies"とかあるから、複数人じゃないと解けないパズルとかもあるのかな。

とりあえずKI。Gahreesen時代で入手できる携帯みたいなガジェット。
勝手に「キイ」って呼んでるけど「キ」かもしれないし「ケーアイ」かもしれない。まあなんでもいい。

あと上記画像にはありませんが、ログインしてよく見たらKIナンバーの横になにやらカプセルのようなアイコンと3桁の数字がありました。このアイコンの形はエル・カーナのあれかな?詳細不明。

また、Empty Roomsさんにて“時代”シェアについて書かれていましたので、適当に訳(違っていたらスミマセン)。
URU LIVE ― KI ってなんだろう

KIデバイスとは

URU Liveでは、KIは全ての部類の処理に用いられます

  • 他プレイヤーとのチャット
  • 同じ時代に誰がいるか
  • 写真撮影
  • 友達リストの編集
  • あなたのプライベートな時代に訪問可能な人の選択

自分のプライベートな時代に他人の訪問を許可するには

KIインターフェイスを起動。まずフォルダの中から相手を見つける(おそらくBuddies/Neighborhood/Rescentあたりから)。左カラムのフォルダ名の後ろに小さな白い(水色?)三角形があると思う(それらは「追加」ボタン)ので、それを使ってポイントされてるフォルダに相手を追加する。“時代”の訪問者リストにあるその三角形クリック(場合によっては時代リストを下にスクロール)。
三角形をクリックするとその相手は時代のビジターリストに追加される。(その人にはKIメールで通知される)。相手はその後Nexus時代へ行き、時代リストを確認すると「Private links」の項にその時代が追加されている。

URU Live再開されて嬉しいけど、新しく始める人はMYSTRIVENEXILEあたりくらいまでやったことある人(あとアトラスの書なんかでバックストーリーを知ってるとなおベター)じゃないと楽しくないんじゃないだろうか。純粋に異世界パズルゲーが好きな人はいいかもしれないが、それでも舞台や登場人物一切意味不明だと楽しさ半減な気がする。

日本語サポートは…遠そうというか、なさそうかな…

カテゴリー: URU Live タグ: , パーマリンク

URU Live ─ KIについて への2件のフィードバック

  1. NULL のコメント:

    Empty Rooms の NULL(仮) でございます. トラバ,有難うございました.

    御陰様で KI に対する不安が解消されて,安心してログインできるようになりました.

    私は (Real)Myst ~ URU CC まで廉価版で揃えはしたのですが,開封もせずに大切に保存してある状態でして,無謀を承知で今回の URU LIVE を始めてしまいました. 仰るとおりで,世界観については半減どころかほとんど理解できず,手探り状態で進めております. ただ,それでも Myst の世界の中にいるかと思うと・・・,そして謎を一つ解くたびに,一人でニヤニヤしながら楽しんでおります.

    他力本願で恐縮ですが,楽しみに拝見させていただきたいと思いますので,今後共宜しくお願いいたします.

  2. junt のコメント:

    ぬお、こちらこそありがとうございます!
    日本語のプレイブログがあるってだけで心強いほどに
    メジャーとは言い難いシリーズですのでw

    なにやら噂によると一人では物理的に解けない時代もあるようで。。
    ゲーム内でもご一緒する機会がありましたらよろしくお願い致します。

    KI#03554163

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>