2012.01.06 Bad Water Basin, CA

闇雲に広大(長野県くらい)で何もないデスバレー国立公園で、とりあえずの寄る辺というか、ランドマークといえばバッドウォーターだろうか。ここは小さな池があるばかりだが、北米大陸で最も海抜が低い場所だ。

かつて塩湖だった頃の名残で、この盆地は広範囲に塩が堆積している。
バッドウォーターに残るちいさな池は湧き水だそうだが、堆積した塩で当然塩分濃度が高い→砂漠を歩いてきた旅人が飲む→塩辛い→ガッデムこいつぁ飲めねえ水だ→命名:バッドウォーターという訳だ。

下の航空写真は、帰国時にバッドウォーター上空を通過した際に撮影した。
上部の塩湖がバッドウォーターと思われる。

次第に日が暮れてきたので、デスバレー国立公園のビジターセンター等があるというファーニス・クリークの三叉路を、パーランプ方面にぐるっと回って帰ることに。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.06 Death Valley N.P.

ラスベガスから西へ、デスバレー国立公園へ向けて160号線に乗る。

デスバレー国立公園の存在を知ったのはけっこう昔で、モヘンジョ・ダロ(死の丘)、死海と続けてうろついた時期にネットで知り、デス系3大名所と勝手にグルーピングしていた。あの頃は本当にデスバレーに来るとは思わなかったが、何が起こるかわからないものだ。とはいえ、ラスベガスから意外に近いということに気づかなかったら、見逃していた可能性が高い。

そんな個人的な思い入れのあるデスバレー は、死海ほどではないがやはり海抜が低い。ユーラシア大陸でもアメリカ大陸でも、海抜が低い土地2つに「死」の名前が冠されているのは興味深い。由来に共通項はないようだが…

ラスベガスから160号線を進むとパーランプという街に至る。その先はカリフォルニア州に入り、ショーションという街を通り過ぎた辺りで、デスバレー・ジャンクションに到着する。そこから西に入ると、じきにデスバレー国立公園のサインが現れる。

なんとなく死の谷という名前から、ペトラやアンテロープキャニオンのように薄暗くてジメジメした禍々しい狭谷をイメージしていたが、そんなものがこの辺りにあるわけがなく、まったく正反対の開放的な土地。つまり荒野。

人口密度が希薄すぎて不安になる。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 Las Vegas, NV, U.S.

ラスベガスに3日ぶりに戻ってきた。飛行機で到着したのは夜だったからそれほどわからなかったが、車でやってくるとよくわかる。確かに砂漠の中にポンと現れる街だ。 1954年のラスベガス写真を掲載しているサイトがあるが、ちょうど上の写真と同じようにシーザーズ・パレスからフラミンゴ、パリス辺りが写った写真があり、60年という年月の途方も無さを感じる。そんなラスベガスはいつでもお祭り騒ぎだ。新年が明けたばかりだから、とりわけスゴイのかもしれないが、恐らくいつでも大差ないんじゃないだろうか。

この日はベラージオ泊。今回の旅行では最も高い宿だが、それでも1人頭$100。グレードに対して申し訳ない程安い。
今夜はベラージオでカジノ…よりも大切な予定がある。レジデントショー、シルク・ドゥ・ソレイユ「O」(オー)だ。

以前東京でシルク・ドゥ・ソレイユのレジデントショーである「ZED」があったころ(現在は行われていない)、さほど期待せずに観に行って度肝を抜かれた経験があり、ラスベガスにもあるなら行ってみるかー、程度の意気込みで予約したのだが…ベラージオの「O」は、とんでもなかった。魂抜けた。

「O」を見るためだけに、またラスベガスに来たい。
偽りなくそう思う。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 U.S. Interstate 15

ユタ州からネバダ州に戻る。
早速その辺りのガソリンスタンドやドライブ・インにスロットマシンが現れる。
ここもガソリンスタンド併設のゲームセンターのように見えるがしっかりとカジノだった。

ユタ州にはカジノが無かった。カジノというか、ギャンブル全般が違法だそうだ。ネバダ州とのギャップが凄い。ギャンブルが合法だったり違法だったり、離婚が合法だったり違法だったり、アメリカの州による違いというのはかなり大きくて不思議な感覚だ。

相変わらず昼は刺すような日差し。
ラスベガスは近い。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 Zion N.P.

ザイオン。
グランドキャニオンは見下ろす国立公園だけど、ザイオンは見上げる国立公園。
渓谷の底を車でうねうねと入り込んでいく。カーブを曲がるたびに、倒れ掛かってきそうなほど圧倒的な絶壁が現れる。そのあまりのプレッシャーに、嫁は気分が悪くなってしまったようだ。

谷の影と日差しのコントラストが強すぎて、サングラスがないときつい。

車で行ける最奥からは、川沿いのトレッキングルートを徒歩でさらに奥へ。どんどん渓谷の幅が狭くなっていく。ついには「Narrows」と呼ばれる場所に至るが、そこから奥へは川の中を歩いていかなければならないようだ。川が流れていなかったら、ヨルダンのペトラのような雰囲気なんだろうな、と想像する。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 The East Temple

ユタ州カナーブという町のマクドナルドで休憩したところ、フライドポテトで通じず挙動不審に。不審そうな店員が「French Fries?」気を回してくれた。そうそう、それです。俺は必死に「揚げジャガイモ」を注文していたのだ。
ザイオン国立公園に東側から入る。そろそろ日も暮れてきたのでカナーブを抜けたあたりからモーテルを探し始めたのだが、どんどん山岳地帯へ。仕方ないからザイオンを抜けてハリケーンという町まで行くか、と思い始める。

ザ・イースト・テンプルと呼ばれる山。トレッキングスポットらしい。日没の際の光がかかって美しい。
この日は曙光はグランドキャニオン、暁光はザイオンと、日光を堪能した一日だった。

結局モーテルはザイオン国立公園の目の前の町、スプリングデールにたくさんあったけど、どこも受付時間を終了してしまっていた。しょうがないので安心のベストウェスタンへ。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 U.S. Highway 89

Pageの少し手前、BitterSprings近くにて。
キャメロンという町からページの間では、道端にいくつか露店を目にした。どうやら民芸品などを売っているようだ。
経営者が頻繁に変わるのか、場所が変わるのか知らないが、打ち捨てられ骨組みだけ残った場所もけっこう存在していた。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 Page, AZ, U.S.

この辺りには国立公園がひしめいており、グランドサークルと呼ばれている。由来は、パウエル湖という湖を中心にした半径230kmの地域だからだそうだ。そのパウエル湖のほとりにある町、ページに到着した。
ページにはアンテロープ・キャニオンという、風と水の芸術作品を楽しめる超有名な国立モニュメントがあるが、今から見に行くにはちょっと時間が遅すぎる。かといって、ここで一泊してしまうと翌日ラスベガスまでノンストップで走らなければならないため、かなりきついということで諦めた。しかし素通りするのも勿体無いので、大きな橋のそばで車を停め、グレン・キャニオン・ダムを眺める。
このダムはパウエル湖から流れだすコロラド川の始まりにある。この川がグランドキャニオンへと続き、さらに延々と流れてラスベガス近くのミード湖へとつながっている。

でかい。
高い。
嫁は高所恐怖症なので橋のたもとで待機。

看板の文章からしてスケールが違う。
この橋を渡ってしばらく行くと、アリゾナ州からユタ州へ入る。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 Grand Canyon N.P.

グランドキャニオン国立公園ではBright Angel Rodgeに宿泊した。
さすがに激安のラスベガスとは違って素泊まり一晩$92。しかしそれでも大人2人での値段だから、日本の相場からすると相当に安い。グランドキャニオンはこの時期、ともすれば積雪があったりするそうだが、幸いにも雪は全くなし。ただ深夜~明け方はかなり冷え込む。

日の出とともに明らかになる渓谷。演出的にも、昨夜グランドキャニオンを全然見れなかったのはむしろ幸運だったかもしれない。グランドキャニオンは言ってしまえばスケールがばかでかい峡谷なのだけど、この目の前に何もない空間があるというのは…なんとも形容しがたい感覚がある。あるべきものがごっそり無い不安、というか神秘性というか。壮大なものはそれだけで信仰の対象になるのがわかったように思う。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.03 Seligman, AZ, U.S.


キングマンという町で93号線からインターステート(州間高速道路)40号線に乗り換え、東へ。
運転に疲れたころ、休憩できそうな出口を見つけてちょっと立ち寄ったのはセリグマンという町だった。よく知らなかったのだが、インターステート40号線は、ここセリグマンで旧道と再び合流する。この旧道はいわゆるルート66、メイン・ストリート・オブ・アメリカだ。とはいえ州間高速の完成とともに国道66号は廃線となっており、アリゾナ州道66号として残っているようだ。

立ち寄った「Lilo's Cafe」でコーヒーとミルクを注文する。どちらもバカでかいマグカップで出てくるところはさすがアメリカだ。年明けにもかかわらず、店内装飾は未だクリスマス仕様。女将さんが「クリスマス祝いすぎ」と苦笑いして一生懸命片付けていた。
せっかくなのでポストカードを買って、店のとなりにあった郵便局に投函する。
この絵葉書は帰国してひと月後にようやく到着した。

カフェインも補充したのでグランドキャニオンを目指す。次第に風景の植物の背丈が高くなり始める。そういえばグランドキャニオンの底は川が流れているんだということを思い出す。そのせいかどうかはわからないが…
日が沈む前には着くだろうとたかをくくっていたら、64号線に乗り換えてからの距離が予想以上で、結局着いたころにはすっかり日が沈んでしまっていた。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする