とりあえず予防接種

kiriko.gif 今年の盆休みには実家へ帰って母子手帳を持って来ました。子供の頃の基礎防疫の確認のためです。病気のワクチンには有効年数が存在するものがあり、母子手帳には子供の頃行ったジフテリアだとか破傷風だとかの予防接種記録が載っていますので、それをもとに有効年数を経過してしまっているかどうかをチェックするのです。有効年数が切れてしまっている場合は再度、数ヶ月にわたって何度かワクチンを接種することが必要になってしまいますが、有効年数内であれば一回の追加接種で再び数年の免疫がつくとのこと。さしあたり破傷風と狂犬病、A型肝炎と日本脳炎の予防接種を受けることにしました。


というわけで予防接種センターへ。全然知らなかったんですがワクチンというのは結構な値がするものらしく、今回のA型肝炎・狂犬病・破傷風・日本脳炎だけでゆうに2万3千円ほどかかりました。痛い出費です。日本で受けずとも、例えばタイなどでも接種出来るらしいのですが(しかも格安で)、僕は横着だし面倒くさがりなので、今のうちに受けておくことにしました。来月と、来年の3月に追加接種の必要があるらしく、その都度2万円ちょっとかかります。たけー。どうやら旅の準備で一番金がかかるのは予防接種のようです。
左腕2本、右腕2本で計4種の接種が終わったところで先生が質問してきました。
「どれが一番痛かった?」
はて、ワクチンの種類で痛さに違いなんかあるのかよ、と思ったんですが確かにあるではないですか。他に比べて破傷風だけ妙に痛い。破傷風以降の注射は、破傷風の所の痛みが気になって痛くないくらい。
「破傷風ですね」と答えると、
「あぁそう」
って、おい、なんですか?アンケート?
そして帰ってきて…先程からなんだか体が熱く寒気がしてふらふらして体の節々が痛い。まるっきり風邪の症状です。まさかこれは副作用なんでしょうか。というかワクチンごときで副作用に悩まされる奴がいるのか甚だ疑問なんですが。「お前ならありえる」という声が聞こえてきそうです。貧弱ばんざい。

カテゴリー: 準備期間 パーマリンク

コメントは停止中です。