最後の晩餐

--イタリア、ミラノ

PICT2236.jpg

 ミラノで取った宿は中央駅から地下鉄で3駅先にあるユースホステルで、辺りには中国人経営のお店が多い。そういう場所なんだろう。おかげで親近感の湧く、ファー・イーストな顔の人々だらけだ。そんなわけで僕もここでは全く目立つことなどなく、ネットカフェでもID代わりにパスポートを提示してはじめて「ああ、日本人なんだ」と言われるしまつ。
 ミラノ2日目はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。この教会には美術館が併設されている。しかし展示数はたったの2つ。そのうちのひとつがかの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」だ。
 うわさでは完全予約制、当日行っていきなり入ることは出来ないと聞いていたけど、何の問題もなくチケット購入可能。しかし一度に館内に入る人数は決まっているらしく、完全入れ替え制のようだ。今中にいる人たちが出て行くまで扉が開くことはない。それにしても入場扉前の狭い待機スペースは既に人で溢れていてげんなりしてしまう。人が少なくなるのを待つか、と僕はタバコを吸いに出た。
 しばらくするとすっかり人はいなくなっており、悠々と待っていざ入ろうとするとモギリが僕を呼び止めた。
 「あなたのチケットは入場期限が過ぎてます」
 え。よく見ると入場チケットには時刻の刻印がされている。チケット購入した時間だとばかり思っていたがそれは間違いで、なんと入場可能時刻であるらしい。すなわち、その刻印された時間にしか入場できないのだ。なんだその厳格さは…
 そんな説明受けてないけどなあ、と何とか粘ってみると、次に開いたときに入れてもらえた。助かった。ついでに言えばその次の回は僕以外全員が日本人のツアー団体で、壁画についてのガイドさんの講釈がタダで聞けてラッキーだった。曰く、裏切りのユダだけ顔に光が当たらないように描かれているだとか、キリストの口は開いていただとか…これは、遅れて良かった。
 壁画が2枚しかない美術館。
 だけど逆に、このほうが集中して楽しめて良いかも知れない。
 駅に向かう途中、城塞の中の公園でゆっくりする。
 イタリアもこれで終わりだ。フランスはどんな国だろうか…

カテゴリー: イタリア パーマリンク

最後の晩餐 への5件のフィードバック

  1. ひーちゃん のコメント:

    最後の晩餐かぁ。
    私も生で見てみたい・・・。
    ダヴィンチコードが流行ったからっていうことじゃないくて単純に見てみたい。
    イエスは亡くなる前の姿・・・。
    なんか神秘的な気分になるんだろうな。

  2. セージ のコメント:

    初コメントだー。
    イタリア、めっちゃ時間に正確ですね。列車は平気で遅れるくせに…。
    でも、なんつうか、災い転じて福となす!って感じですね。

  3. しょうこ のコメント:

    ヨーロッパ、一度は踏み入れてみたい場所です。芸術の宝庫なイメージ。
    ところで猫って、、家で飼ってんの?

  4. しのぶ のコメント:

    タバコ、やめたんじゃなかったっけ…?

  5. junt のコメント:

    ひーちゃん>
    ダヴィンチコード読んどけばよかったなーって思って、帰国後読んでみたけど上巻で断念しました。
    映画で見たらもう少し面白いんだろうか?
    セージ氏>
    あれほど厳格なのはあそこだけだったよ。
    ところでなんでイタリア人のバス運転手はみんな女の子といちゃいちゃしながら仕事しているんだろうか。
    しょうこさん>
    猫は、勿論、家で飼ってますとも。
    僕は芸術はよくわからなくて、変なものばかり探してしまいました。
    しのぶ>
    タバコは4月あたりに復活しました。
    で、10月1日にまたやめました^^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>