ノルウェー海の虹

--ノルウェー、ホニングスバーグ

PICT0204.jpg

 ルーカとヴァレンチノに感謝と別れを告げてフェリーに乗り込む。
 ノールカップ方面へのバスは一日一本、夕方しか出ない上に直でノールカップには行けず、けっこう手前の街、アルタまでだという。どうしようかとインフォメーションをうろついていると「船でいけばいいじゃない」。
 船か。結構な値段がしそうだな、と二の足を踏んでしまうけど、まあもうすぐ帰るんだしケチってても仕方ないかと思い返す。なによりベッドで寝たい…と言うわけで優雅に「ナルヴィク号」という船で(しかもキャビンで)ノールカップを目指すことにした。片道20時間。
 チェックインしてシャワーを浴びて泥のように眠り、目が覚めると船はフィヨルドを横目にノルウェー海を突き進んでいるところだった。
 ときおり雲の隙間から日が差し込み、強い虹が出たり消えたりしている。その向こうに見える小さな島にいくつもの白い豆粒のような動物が見える。白熊だ。急な崖をゆっくり歩いている様はインドで見た羊みたいだ。
 これから冬が来ると、あたり一面真っ白になってしまうんだろう。
 それを見ることはなく、僕の旅はじき終わる。

カテゴリー: ノルウェー パーマリンク

ノルウェー海の虹 への3件のフィードバック

  1. ぶん のコメント:

    すごいね、虹の足だわ。
    オーロラ、ものすごい綺麗!
    緑色?青っぽく見えるね。

  2. はむこ のコメント:

    昨日の晩、juntさんから貰ったDVDを同僚の家で夕飯よばれながら眺めてたの。
    エジプトとねー、インドがすごい好き。
    「写真撮るのじょうずだねー」って言いながら
    絵物語のような別世界のような土地を
    直に足で踏んづけて舌で味わって身体の中におさめてきた人なんだなーって思うとウヒョーってなった。
    そういう体験をしたjuntさんに直に接してるなんてスンゴイな、と。
    ちびっこはむこさんの浮かれコメントでしたw

  3. junt のコメント:

    ぶん>
    オーロラ、実際にはもっと薄い緑色だったんだけど、現像したときに明るくしたからちょっと色変わってるかもしれん(汗
    でもすげかったよー!
    はむこ>
    体験をうまく咀嚼できてない気分でいっぱいだがな!orz
    日本も踏んづけて回りましょう^^^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>