適当なる行先

--トルコ、ドゥバヤズット

PICT0733.JPG

 トルコに入国。てっきり国境のすぐそばに町があると思っていたら、45キロも先だという。タクシーに金額を尋ねると、「4リラ。」僕の手持ちの残り現金はピッタリ4リラ。完全に所持金ゼロになって到着した街、ドゥバヤズットでのATMでお金を下ろして、ようやく安心した。
 ドゥバヤズットの街からは大きくアララト山が見える。ノアの箱舟が漂着した山と言われており、箱舟の残骸と言われるものも残っているらしい。本物かどうかはわからないが。
 このアララト山のおかげか、トルコに入るとそれまでほとんど無かった雲の量が突然増え、雨が降り出した。国境でこれほど気候が変わるのには驚きだ。
 ロカンタと呼ばれる大衆食堂に入って、食事をする。ここ数日、まともなものを食べていなかったのもあってか、感動するほど美味い。いっぺんにトルコが好きになってしまった。物価は高いけど!
 宿でTomoさん、Ticcaさん夫婦と出会う。夫婦で世界一周を目指して8ヶ月くらい旅を続けているそうだ。次の目的地はどこか聞かれる。そういえばとりあえずトルコに入る事だけしか考えてなくて、カッパドキアしか知らない。
 Tomoさんたちは少し南の、ワンという町に向かうそうだ。ワン?聞いたことがない街だ。ガイドブックをめくると、なにやら大きな湖があるらしい。まあ、フミさんとの約束もあるし、ストレートにカッパドキアを目指すのが無難だろうな…と思っていたところで、ある単語が目に留まった。
 ワン猫
 次の目的地は、ワンに決定。

カテゴリー: トルコ パーマリンク

適当なる行先 への3件のフィードバック

  1. satoko のコメント:

    元気そうでよかった!
    うちの弟はワーキングホリデーでニュージーランドにいってるようですが、お金がなくていつ帰るかX2と心配ですよ。。。
    たくましく、がんばってねっ☆

  2. shinji のコメント:

    いよいよ、「junt深夜特急トルコ編」じゃね。
    面白い旅をしよるね。がんがん首を突っ込んでって、楽しませてください!

  3. junt のコメント:

    さとこさん>
    お金がなくて行ったんですかっ
    あーでもワーキングホリデーってバイトみたいなことをするんでしたっけ?
    緊急要請があったらあたたかく送金してあげてください…
    そうすれば彼の帰国後に神のように振舞えます^^
    しんじさん>
    シンプソンでしょうか。そういえばヨシキさん結婚したらしいですよ。違ったらごめんなさい。
    深夜特急では黒海→イスタンブール行きですが、ルート外れちゃいました。
    というわけでここからは「迷走編」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>