2012.11.12 Thulhagiri Island, Maldives #1

01c019fff007565890b8158207937c90c63c10d342

そのページに手をかざした私は軽い見当識失調に襲われ、思わず目を強く閉じた。
そして気が付くと…穏やかに波立つ青碧色の海に囲まれた島から伸びる桟橋に立ち尽くしていた。
 

…などとMyst風の導入を書いてみましたが、もちろん接続書を使ったわけではなく、飛行機と船で行きました。
これは2012年の記録です。僕はある程度時間を置かないとまとめられないようなので、ずいぶん今更ですがぼちぼち記録することに。

モルディブのトラギリ島は、空港のある首都の島、マレから高速艇で45分ほどの場所にある比較的リーズナブルなリゾートだ。グーグルマップで見るとサルハジリと書いてあるが、そっちのほうが正しい発音なのか?

モルディブの多くの島々は、それぞれの島1つがホテルのようなものなので、まず島につくとフロントでチェックインを行う。到着したのは現地時間で夜9時ごろだったので、真っ暗だったのと、高速艇が波でポンポン跳ねながら爆走したため軽くふらついており、あまり風景をよく見ることは出来なかった。
その分、翌日の朝に部屋のカーテンを開けた時の衝撃がすごいことになった。

01ccc184ab601f5b0e772319d0b440786025b440e9

海ってこんな色になるんだな。

カテゴリー: モルディブ(2012), 旅のこと | タグ: | コメントする

2012.01.07 Las Vegas, NV, U.S.

最終日はだらりとラスベガス・ブールバードを歩き回ることに。
泊まらなかったけど気になるホテルはたくさんある。

スフィンクスがおわします、Luxorとか

女神さまのおわします、NewYork NowYorkとか

大通りを歩きまわるだけでも見どころが多すぎて大変だ。あっという間に時間は過ぎ、日が暮れる。
帰国便の飛行機は明日の未明なので、深夜まで仮眠を取ってチェックアウト。
その頃でもカジノは沢山の人々。

砂漠の真ん中の、いつもお祭りの街。

正直アメリカは行きたい国ランキングではそんなに高くなかったが、一気に首位になってしまった。
次回もおそらく、ここモハーヴェ砂漠を目指すだろう。
飛行機嫌いの嫁すら心奪われてしまった。そんな街とショーと大自然。
おすすめします。

次来た時には勝つぞ

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | コメントする

2012.01.06 Amargosa Valley, NV, U.S.

デスバレーを後にしてすぐ日は沈んでしまった。
アマーゴサ・バレーを回って、ラスベガスへ戻る。

アマーゴサ・バレーから北側は米軍のネバダ・テストサイト、それを一部に含むネリス空軍区域となる。その中にはグルームレイク空軍基地、いわゆるエリア51だ。
うっかり踏み込んで黒いヘリに追いかけられないようにしなければ。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.06 Bad Water Basin, CA

闇雲に広大(長野県くらい)で何もないデスバレー国立公園で、とりあえずの寄る辺というか、ランドマークといえばバッドウォーターだろうか。ここは小さな池があるばかりだが、北米大陸で最も海抜が低い場所だ。

かつて塩湖だった頃の名残で、この盆地は広範囲に塩が堆積している。
バッドウォーターに残るちいさな池は湧き水だそうだが、堆積した塩で当然塩分濃度が高い→砂漠を歩いてきた旅人が飲む→塩辛い→ガッデムこいつぁ飲めねえ水だ→命名:バッドウォーターという訳だ。

下の航空写真は、帰国時にバッドウォーター上空を通過した際に撮影した。
上部の塩湖がバッドウォーターと思われる。

次第に日が暮れてきたので、デスバレー国立公園のビジターセンター等があるというファーニス・クリークの三叉路を、パーランプ方面にぐるっと回って帰ることに。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | 2012.01.06 Bad Water Basin, CA はコメントを受け付けていません

2012.01.06 Death Valley N.P.

ラスベガスから西へ、デスバレー国立公園へ向けて160号線に乗る。

デスバレー国立公園の存在を知ったのはけっこう昔で、モヘンジョ・ダロ(死の丘)、死海と続けてうろついた時期にネットで知り、デス系3大名所と勝手にグルーピングしていた。あの頃は本当にデスバレーに来るとは思わなかったが、何が起こるかわからないものだ。とはいえ、ラスベガスから意外に近いということに気づかなかったら、見逃していた可能性が高い。

そんな個人的な思い入れのあるデスバレー は、死海ほどではないがやはり海抜が低い。ユーラシア大陸でもアメリカ大陸でも、海抜が低い土地2つに「死」の名前が冠されているのは興味深い。由来に共通項はないようだが…

ラスベガスから160号線を進むとパーランプという街に至る。その先はカリフォルニア州に入り、ショーションという街を通り過ぎた辺りで、デスバレー・ジャンクションに到着する。そこから西に入ると、じきにデスバレー国立公園のサインが現れる。

なんとなく死の谷という名前から、ペトラやアンテロープキャニオンのように薄暗くてジメジメした禍々しい狭谷をイメージしていたが、そんなものがこの辺りにあるわけがなく、まったく正反対の開放的な土地。つまり荒野。

人口密度が希薄すぎて不安になる。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 Las Vegas, NV, U.S.

ラスベガスに3日ぶりに戻ってきた。飛行機で到着したのは夜だったからそれほどわからなかったが、車でやってくるとよくわかる。確かに砂漠の中にポンと現れる街だ。 1954年のラスベガス写真を掲載しているサイトがあるが、ちょうど上の写真と同じようにシーザーズ・パレスからフラミンゴ、パリス辺りが写った写真があり、60年という年月の途方も無さを感じる。そんなラスベガスはいつでもお祭り騒ぎだ。新年が明けたばかりだから、とりわけスゴイのかもしれないが、恐らくいつでも大差ないんじゃないだろうか。

この日はベラージオ泊。今回の旅行では最も高い宿だが、それでも1人頭$100。グレードに対して申し訳ない程安い。
今夜はベラージオでカジノ…よりも大切な予定がある。レジデントショー、シルク・ドゥ・ソレイユ「O」(オー)だ。

以前東京でシルク・ドゥ・ソレイユのレジデントショーである「ZED」があったころ(現在は行われていない)、さほど期待せずに観に行って度肝を抜かれた経験があり、ラスベガスにもあるなら行ってみるかー、程度の意気込みで予約したのだが…ベラージオの「O」は、とんでもなかった。魂抜けた。

「O」を見るためだけに、またラスベガスに来たい。
偽りなくそう思う。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 U.S. Interstate 15

ユタ州からネバダ州に戻る。
早速その辺りのガソリンスタンドやドライブ・インにスロットマシンが現れる。
ここもガソリンスタンド併設のゲームセンターのように見えるがしっかりとカジノだった。

ユタ州にはカジノが無かった。カジノというか、ギャンブル全般が違法だそうだ。ネバダ州とのギャップが凄い。ギャンブルが合法だったり違法だったり、離婚が合法だったり違法だったり、アメリカの州による違いというのはかなり大きくて不思議な感覚だ。

相変わらず昼は刺すような日差し。
ラスベガスは近い。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.05 Zion N.P.

ザイオン。
グランドキャニオンは見下ろす国立公園だけど、ザイオンは見上げる国立公園。
渓谷の底を車でうねうねと入り込んでいく。カーブを曲がるたびに、倒れ掛かってきそうなほど圧倒的な絶壁が現れる。そのあまりのプレッシャーに、嫁は気分が悪くなってしまったようだ。

谷の影と日差しのコントラストが強すぎて、サングラスがないときつい。

車で行ける最奥からは、川沿いのトレッキングルートを徒歩でさらに奥へ。どんどん渓谷の幅が狭くなっていく。ついには「Narrows」と呼ばれる場所に至るが、そこから奥へは川の中を歩いていかなければならないようだ。川が流れていなかったら、ヨルダンのペトラのような雰囲気なんだろうな、と想像する。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 The East Temple

ユタ州カナーブという町のマクドナルドで休憩したところ、フライドポテトで通じず挙動不審に。不審そうな店員が「French Fries?」気を回してくれた。そうそう、それです。俺は必死に「揚げジャガイモ」を注文していたのだ。
ザイオン国立公園に東側から入る。そろそろ日も暮れてきたのでカナーブを抜けたあたりからモーテルを探し始めたのだが、どんどん山岳地帯へ。仕方ないからザイオンを抜けてハリケーンという町まで行くか、と思い始める。

ザ・イースト・テンプルと呼ばれる山。トレッキングスポットらしい。日没の際の光がかかって美しい。
この日は曙光はグランドキャニオン、暁光はザイオンと、日光を堪能した一日だった。

結局モーテルはザイオン国立公園の目の前の町、スプリングデールにたくさんあったけど、どこも受付時間を終了してしまっていた。しょうがないので安心のベストウェスタンへ。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする

2012.01.04 U.S. Highway 89

Pageの少し手前、BitterSprings近くにて。
キャメロンという町からページの間では、道端にいくつか露店を目にした。どうやら民芸品などを売っているようだ。
経営者が頻繁に変わるのか、場所が変わるのか知らないが、打ち捨てられ骨組みだけ残った場所もけっこう存在していた。

カテゴリー: 旅のこと, アメリカ(2012) | タグ: , | コメントする