ユーラシア(2006)」カテゴリーアーカイブ

子供達のこと

PICT0442.JPG

–インド、バラナシ  薄暗い路地を駆け抜けていく子供たちを見ていた。ともすれば、どこまでも続く迷宮のような様相を見せるこの町で、子供たちはとてもしたたかに、楽しく暮らしているように見えた。  ガートで出会ったチョトとい … 続きを読む

カテゴリー: インド | コメントする

ガンガー、バラナシ

PICT0430.JPG

–インド、バラナシ  バラナシは広大で美しいガンガー(水質はアレだけど)と、無作為に張り巡されている狭い路地が対照的な不思議な町だ。この町の地理を覚えるのはちょっとやそっとでは無理っぽい。  夜明け前に起き出して、ガン … 続きを読む

カテゴリー: インド | 4件のコメント

飽きない路地裏

PICT0421.JPG

–インド、バラナシ  バラナシにて宿の屋上から下の路地裏を見下ろすと、  一人のおばちゃんが窓を覗き込んで世間話を続けている。一匹の犬が向こうから手前へ歩いてくる。世間話が終わったのか、おばちゃんが去っていく。フレーム … 続きを読む

カテゴリー: インド | 2件のコメント

インド映画はドラマチック!

PICT0317.JPG

–インド、コルカタ  インドに来たら映画を見ろ、と言われていたことを思い出し、ポルトガル人のリタに「インドの人はどんな映画が好きなんだろう?」と聞いたら一言「Dramatic!」。  そしていざ映画へ。当然ヒンディー語 … 続きを読む

カテゴリー: インド | 5件のコメント

ボランティア

PICT0304.JPG

–インド、コルカタ  マザーハウスでのボランティアに参加した。僕が向かったのは「死を待つ人の家」だ。  午前中は大半の時間を衣類の洗濯に奪われる。余った時間で、おじいちゃんたちのトイレの世話やマッサージ、話し相手になっ … 続きを読む

カテゴリー: インド | 5件のコメント

インド交通事情

–インド、コルカタ  空港で乗り込んだ黄色いタクシーは見た目もかわいいし乗り心地も悪くない。運転手のおっちゃんが、自分で焚いているお香にムセて死にそうな咳をしているのを除けば、何ら問題なさそうだ。  しかし車道に出た瞬 … 続きを読む

カテゴリー: インド | 7件のコメント

緊迫の客引き戦争

PICT0274.JPG

–カンボジア、シェムリアプ  遺跡群を見て回っていると、かならず声をかけられる。  「オニイサン、Tシャツカウ、イチマイ3ドル」。  Tシャツはいらないよ、というとスカーフになったりバッグになったりテーブルクロスになっ … 続きを読む

カテゴリー: カンボジア | 6件のコメント

地雷博物館にて

PICT0293.JPG

–カンボジア、シェムリアプ  アキラの地雷博物館へ行く。  アキラさんという人が個人で開いているという博物館は、博物館といっても小さな藁屋根の建物で、安全処理された地雷が雑然と積み上げられているような場所だ。しかし驚く … 続きを読む

カテゴリー: カンボジア | 4件のコメント

遺跡の持つ輝き

–カンボジア、シェムリアプ  アンコールワット。心の底から憧れていた場所のひとつ。西参道に立った瞬間、湧き上がる興奮を抑えることが出来なかった。崩れかかった参道を、影の落ちる回廊を、当時どのように人々は行き来し、言葉を … 続きを読む

カテゴリー: カンボジア | 10件のコメント

カンボジアへ

–カンボジア、シェムリアプ  ラオスはビエンチャンを後にして、再びタイに戻り、夜行列車で一気にバンコクまで戻って来た。早速翌日のシェムリ行きのバスを予約して、約13時間掛けてシェムリアプへたどり着いた…はいいが、着いた … 続きを読む

カテゴリー: カンボジア | 5件のコメント