URU Live ─ Yeeshaのチャットログ

フォーラムにURU Live(このころはUntil Uru?)でYeeshaが初めて現れたときのチャットログが載っていたのでなんとなく訳してみることに。
いろいろ間違ってるかもしれません。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 6件のコメント

URU Live ─ Yeesha’s Journey

バーログリフについて検索していたらbahroglyph study groupというサイトを発見した。その中に「Yeesha's Journey Sequence」という一連のバーログリフがある。この連作に関してはD'ni Linguistic Fellowship内のページがより詳しいかもしれない。

このバーログリフはおそらくMystIV:RevelationとURUを結ぶストーリーを表していると思われる。IVでの愛らしさとURUでの顔面刺青のギャップに度肝を抜かれた身としては、この間のストーリーは気になるところではあった。もしかしたらいつか「Book of Yeesha」として書き起こされるのかもしれないが、現在は絵から推測するしかないようだ。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 6件のコメント

URU Live ─ Ahnonay

toshiyukiさんとAhnonayを攻略した。URUccでも正直よくわからないままクリアしたような気がするこのAhnonayについて、ようやく仕組みが理解できた…ような気がする…ので、攻略メモとして残しておく。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 13件のコメント

URU Live ─ ドニ時間

ドニ時間を意識する必要のある謎解きがあったので、URU Explorationより、ドニ時間について要約。
とはいえ結局よくわからん…。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 2件のコメント

URU Live ─ 未実装時代、Kahlo

Kahloという時代が次の公開に最も近いかもしれない。
現在の復興フェーズは“suspended”(保留)となっているが、内容としては既に大分作りこまれているようだ。

以下MYSTloreよりの転載。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 4件のコメント

URU Live ─ Pod Ages

ドニのミュージアムには現在4つの接続書が存在する、4つとも球状の「ポッド」と呼ぶのが適当な閉鎖空間に接続し、それらは概ね同じ造りをしている。

  • 3つの高さの違う階層
  • 5つの円形の窓
  • 電源レバー
  • その時代に生息する生物の鳴き声と思われる音声の再生ボタンが4つ
  • ポッド外を照らす照明のスイッチが3つ

時代名は以下の通り。

  • Negilahn … ジャングルが広がる瑞々しい時代。
  • Dereno … 凍りついた海、しかし海中には生命が溢れている。
  • Payiferen … 砂嵐の砂漠と強い日差しの時代。
  • Tetsonot … 不明。ポッドは壊れているのか非常灯が点っており、外は窺い知れない。

各時代はそれぞれ窓の外の風景がガラッと違うので、「ポッドである」という事以外は特に繋がりがなさそうに見える。そもそも謎解きがあるのかどうかすら不明で、行ける場所や出来ることが少ないため、ただ風景を眺めるだけの時代なのかな?と思ったりする。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 10件のコメント

20100410153.jpg

肥えて益々貫禄充分

カテゴリー: 日々のこと | 2件のコメント

URU Live ─ JALAKについて

JALAKは今のところ謎解きがありそうな気配はない。
もしかしたら気付いてないだけかもしれないが。

ドニ図書館のJALAKへの接続書の横には、解説らしきノートが置いてあった。
適当に訳して某掲示板に記載した内容を転載しとく。若干修正。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | コメントする

URU Live ─ Bahroについて

URUには、Bahroと呼ばれる生物に関わる事柄がたびたび現れる。バーロ・ケイブという名前やイーシャの台詞に出てくる「彼ら」、その他いろいろあるが一番わかり易いのは「Journey」に関わる5時代(Gahreesen,Kadish,Teledahn,Eder Gira/Kemo)を終わらせた時に、クレフトの火口付近に現れる黒い影、それがBahroだ。

Myst V End of Agesをやった人にとっては結構身近な存在であるBahroだが、そうでない人にとってはなにやら唐突な感じが否めないこのBahroについて、MYSTloreに説明があったので転載。

続きを読む

カテゴリー: URU Live | タグ: , | コメントする

URU Live ─ 公式のフォーラム

RAWAからメールを頂いて調子に乗り、図々しくもお願いをしてみた。

Shorah, Dr.Watson.
私はよく URU Live's フォーラム(http://mystonline.com/forums/)をチェックしてるんですが、
いろいろな言語別のフォーラムがあります(イタリア語とかスペイン語とか)、でも日本語がありません。もし可能であれば作ってもらえませんか?

返事が来た。

英語以外の全ての言語は、ファンによってボランティアで翻訳、モデレートがなされてるよ。
他の言語が使えるようになるのには私たちも望むところだけど、
誰かが翻訳とモデレータをするのを買って出てくれる必要があるね。 

RAWA

ボランティアがやってるのか。
といってもあらゆる記事を翻訳する必要はなさそうだ。
誰か英語ペラペーラな人いてないかな。

カテゴリー: URU Live | タグ: , | 6件のコメント